テキストサイズ

新技術創出交流会

新技術創出交流会とは

優れた技術・製品を有する都内中小企業と、大手企業とのマッチングイベント

優れた技術・製品を有する都内中小企業とオープンイノベーション志向の大手企業との間で、多くの商談等ができる機会を提供することで、技術連携や開発受託等、新たなビジネスの土台作りを目指し、個別面談と製品展示をリアルで同時に行うマッチングイベントです。 
毎年、多くの都内中小企業が参加し、大手企業等とのマッチングが成立しています。

本マッチングの特徴

特徴-1
「ニーズ対応型」の
参加システム

エントリー企業のうち、技術ニーズを有する大手企業から事前に面談申込を受けた企業が参加する「ニーズ対応型」のマッチングとなっています。

特徴-2
「個別面談(マッチング)」と
「製品展示」を同時開催

面談指名を受けたエントリー企業は大手企業との「個別面談会」を行います。また、付属する「製品展示会」への出展も可能です。

特徴-3
マッチングコーディネーターに
よるフォローアップ

大手企業からの面談申込に対応するため、技術連携に精通したマッチングコーディネーターが、大手企業等との面談のフォローアップを行います。

※エントリーいただいても、大手企業等から10/26・27の面談指名が無い場合は新技術創出交流会にご参加いただくことができません。予めご了承ください。

交流会ポイント

個別面談会

・時間を区切り(1面談30分)、技術ニーズを有する大手企業と指名を受けた中小企業との個別面談を行います。

・公社マッチングコーディネーターが、事前に大手企業が興味を持ったポイントや課題をお伝えするため、ターゲットを絞った効果的な面談を行うことができます。

・導入効果等アピールポイントを絞って説明いただくことで、面談時間を有効活用いただけます。

製品展示会(一般公開)

・個別面談会に付属して同時開催する製品展示会の展示ブースで大手企業等へ向けリアルで自社製品・技術をPRできます。

・製品展示会は一般公開するため、参加大手企業のほか、連携先や取引先の開拓を希望する様々な来場者との商談機会が見込まれます。

・製品展示を行う中小企業間でのビジネス交流も可能です。リアルならではの効果を感じていただけます。

新技術創出交流会2022
募集要項(中小企業)

会期 令和4年10月26日(水)・27日(木)
会場 東京都立多摩産業交流センター
「東京たま未来メッセ」
〒190-0012
東京都八王子市明神町三丁目19番2号
募集対象企業 次の(1)(2)いずれも満たす企業
(1)東京都内に事務所を有する中小企業であること(事業活動の実態があること)
(2)会期中2日間とも参加が可能なこと

< 中小企業の定義 >

業種 資本金及び従業員
製造業、ソフトウェア業、建設業、運輸業、その他 3億円以下又は300人以下
卸売業 1億円以下又は100人以下
サービス業 5000万円以下又は100人以下
小売業 5000万円以下又は50人以下
募集分野 次に掲げる技術分野
加工/電気・電子・光学/システム・ソフトウェア/材料/評価・検査 /IoT・AI/その他
エントリー方法 自社の製品・技術の特徴をまとめ「技術アピールシート」(Word形式)をご記入の上、専用Webフォームからエントリーしてください。
留意事項 ※エントリーいただいても、大手企業等から10/26・27の面談指名が無い場合は新技術創出交流会にご参加いただくことができません。 予めご了承ください。
エントリー後の内容変更 エントリー後、内容の変更がある場合は速やかにお申し出ください。但し、主催者が作成する印刷物等については、時期によっては内容変更が間に合わないことがあります。 また、原則として、面談決定後に参加の取り消しをすることはできません。

ご参加の流れ(中小企業)

①新技術創出交流会エントリー受付

・新技術創出交流会HPよりエントリーください。
・エントリー時には技術アピールシートをご提出いただきます。

②大手企業から面談申込受付(7月頃)

エントリーいただいた中小企業の技術アピールシート集を大手企業へ限定公開。大手企業から面談の申込(指名)を受け付けます。

③面談日時のご連絡(9月頃)

事務局から面談の有無および日時をメールでご連絡します。
※大手企業からは通年に渡り、都度技術ニーズが発生するため、新技術創出交流会以外の日取りで面談(マッチング)が生じる可能性もあります。

④新技術創出交流会開催予定日(10/26・27)

大手企業と個別面談を行います。個別面談後には、自社製品のリアル展示へ大手企業をエスコートすることにより、アピールを強化することができます。