テキストサイズ

事業紹介

ビジネスマッチング

多摩イノベーション総合支援事業の中核となる支援事業です。

オープンイノベーション志向の大手企業開発部門等と、
新分野展開を図る自社の優れた製品・技術を有する都内中小企業とのマッチング機会を提供します。

【多摩イノベーション総合支援事業が実施するビジネスマッチング】

ビジネスマッチングからNDA契約、見積依頼、そして商談が成立するまでの道のりは長く、多くが初回の面談から進捗することが難しいと言われています。ビジネスマッチングでは、「求められている技術ニーズ」と「その技術ニーズを解決するソリューション」のベクトルが一致していることが重要です。

多摩イノベーション総合支援事業では、長年に亘り大手企業の研究・開発部門で豊富な経験と知識を積んだマッチングコーディネーターがビジネスマッチングをサポートします。
大手企業開発部門から提供のあった技術ニーズを分析し、また、ソリューションとなる中小企業の技術シーズを熟知した上でビジネスマッチングの場を創出することから、ミスマッチを極力防ぎます。
直近においては、約500件のマッチング面談、3億円超の成約を生み出しています。

中小企業(技術シーズの提供)のフロー】

①事業にエントリーをいただきます
②エントリー時に貴社のコア技術を凝縮した1枚の技術アピールシートをご提出いただきます(技術アピールシートは重要です)
③提出いただきました技術アピールシートを冊子・電子ブック化して大手企業に開示します
④大手企業の技術ニーズに基づき指名を待ちます
⑤指名があった場合は、大手企業の技術ニーズについてマッチングコーディネーターが詳しく説明をしてサポートをします
⑥ビジネスマッチングを設定します
⑦ビジネスマッチング後に次のステージ(見積・NDA契約)に進める様、的確なフォローアップを実施します

【大手企業のフロー】

①コーディネーターが常時大手企業の開発部門と接点を持ち、技術ニーズの調査・確認をします
②大手企業からいただいた技術ニーズをマッチングコーディネーターが分析・翻訳します
③技術ニーズの解決が期待できる中小企業を探索します
④大手企業からの技術ニーズを詳しく説明、紹介しながらビジネスマッチングの場を創出します
⑤ビジネスマッチング後に次のステージ(見積・NDA契約)に進める様、的確なフォローアップを実施します

ビジネスマッチングメニューのご紹介

新技術創出交流会

技術連携や開発受託等、新たなビジネスの土台作りを目指し、個別面談と製品展示を同時に実施するマッチングイベント(年1回開催)

詳細はこちら


随時マッチング

大手企業開発部門等の技術ニーズに基づき、優れた技術を有する都内中小企業との個別面談によるマッチング支援(通年実施)
※ご提出いただく技術アピールシートを大手企業等へ公開し、大手企業から面談希望があった場合に、面談設定させていただきます。
※「新技術創出交流会2022」にエントリーされた場合は、随時マッチングのエントリーは不要です。

随時マッチング エントリー

※Googleアカウントをお持ちの方は一度ログアウトしてからエントリーへお進みください。
※中小企業のエントリー時には技術アピールシートのご提出が必要です。
※昨年度の技術アピールシートとフォーマットが異なります。最新の2022年度版フォーマットをダウンロードの上、ご作成をお願いいたします。
※アピールシートの容量は15MB以内となるようにご作成お願いいたします。
※後日提出される場合には、事務局:ntc-koryukai@tokyo-kosha.or.jp 宛にご提出をお願いいたします。

アピールシート


研究会

大手企業開発部門等の技術ニーズに基づき、同日に複数の中小企業と個別面談会形式等で面談するマッチング支援


マッチング事例