テキストサイズ

事業紹介

3D プリンター(3 次元造形支援)

3D ラボ紹介

3次元造形支援は、公社多摩支社内の一室「3Dラボ」で展開しています。
「3Dラボ」では、3Dプリンターをはじめとする各種設備や打合せスペースを完備。
専属の指導員によるきめ細やかな支援を行っています。

最新サンプル紹介

重量:約85g  造形時間:14時間
材料:ABS
重量:約60g  造形時間:8時間
材料:ABS
重量:約10g  造形時間:1.5時間
材料:TPU

3Dプリンターの利用方法

複雑な形状の試作品でも素早く造形できる3Dプリンターの活用は、技術開発のスピードアップや顧客への効果的なプレゼンテーションなどに威力を発揮します。
公社多摩支社では、3Dプリンターの活用を検討している中小企業を対象として、3Dプリンターの実践的な活用の場を提供し、試作開発や企業間の技術コラボレーションを促進する三次元造形支援を無料で行っています。
下記の「支援内容」「利用条件」「注意事項」および「利用約款」をご確認のうえ、「三次元造形支援申込書」をFAX又はE-mailでご提出ください。

ご提出先

FAX042-500-3915
E-mail
お問い合わせページ当サイトの「お問い合わせ」ページより、申込書を添付・送信ができます。
お問い合わせフォーム 〉 

支援内容

企業が作成した三次元CADデータに基づき、専任のコーディネーターが3Dプリンターによる造形や三次元CADデータ作成に関するアドバイスを行います。

利用条件

・都内に事業所を有し、「ものづくり」を目指す中小企業であること。
・多摩イノベーション総合支援事業における各事業(セミナー、勉強会、研究会、交流会等)にすでに参画、またはこれから参画すること。
・自社または自社が所属する企業グループが作成したCADデータであること。
・STL形式でのデータ提出が可能なこと。
・CADデータは違法な造形物またはその一部もしくは部品ではないこと。
・CADデータは第三者の知的財産権を侵害するものではないこと。
・作成した造形物を販売目的に使用しないこと。
・趣味等事業目的以外での利用ではないこと。

注意事項

・お申込みの前には必ず「利用約款」をご一読ください。
・利用状況等により、利用を制限される場合があります。
・公社は、提出されたCADデータについては、公社が定めた「情報セキュリティ対策要綱」に基づき管理します。
・専属の指導員のアドバイスや引渡し後の造形物の破損、それらに起因する二次的損害については、公社は一切の責任を負いません。
・公社は造形物の写真を撮影し、それを保存します。

設置機種のご紹介

特徴

造形方式FDM(樹脂溶融積層)方式
積層ピッチ0.254mm
モデル材料ABS-M30(色:アイボリー)、ASA、PC-ABS、TPU、Diran、ABS-ESD7
サポート材料アルカリ水溶性サポート
造形サイズ(X)350mm x (Y)250mm x (Z)350mm
精度(ABS-M30)造形長L<100mmのとき±0.2 mm
造形長L≧100mmのとき±0.002*L mm
設置機種 Stratasys社 “F370”
設置機種 Stratasys社 “F370”

申込み・お問合せ先

〒196-0033 東京都昭島市東町3-6-1
(公財)東京都中小企業振興公社 多摩支社

TEL 042-500-3901 FAX 042-500-3915

お問い合わせ 

多摩イノベーション総合支援事業
三次元造形支援のご案内

三次元造形支援 PDF (2.76MB)